トレファクション

ポリテクニックは、これまでに3000基以上もの施設を世界各地で施工しました。その納入事例をいくつかご紹介いたします。

トレファクション

ポリテクニックは、これまでに3000基以上もの施設を世界各地で施工しました。その納入事例をいくつかご紹介いたします。

トレファクション(半炭化)処理の目的は、バイオマス(木質チップ、剪定枝、草など)を運搬しやすく保存に適した、エネルギー密度のきわめて高い固形燃料に加工することです。その際、バイオマスは空気を遮断した状態で約300°Cに加熱され、低温で熱分解が行われます。この工程では、原料に含まれる特定の成分からガスが生成され、トレファクション設備でエネルギーとして利用されます。原料の主成分である残りの固形物は、高密度のブリケットに加工されます。

2010年以来、当社はバイオマスのトレファクションで行われるACB処理(Accelerated Carbonized Biomass)の開発に向けたコンソーシアムに参画しています。これはバイオマスボイラーとガスボイラーを組み合わせた設備の開発を目標とするもので、固形燃料以外にもトレファクションで発生する貧ガスの利用を目指しています。その際、当社はエネルギー収量が非常に多く、貧ガスを完全燃焼させる燃焼設備の開発を中心に取り組んでまいりました。その結果、処理工程からほぼ完全に必要な熱エネルギーを自給できる方法の開発に成功しました。

この方法は現在、これまで業務用燃料の生産にあまり用いられることのなかったバイオマス利用技術に主に応用されています。当社では各原料の特性を最大限に利用できるよう、引き続き研究開発に取り組んでいます。

ポリテクニックは燃料供給から排ガス浄化まで、すべてのプロセスを実施するための技術を提供いたします。

納入事例

お問い合わせ

ポリテクニックの燃焼施設やソリューション等に関するお問い合わせは

お問い合わせは電話 +43 2672 890-0, )、メール( office@polytechnik.at )、またはお問い合わせフォームをご利用ください。英語・日本語で承っております


×

This website uses cookies to deliver a pleasant and user-friendly browsing experience. If you continue to browse, we consider that you accept the use of cookies on our website. Datenschutzerklärung

Die Cookie-Einstellungen auf dieser Website sind auf "Cookies zulassen" eingestellt, um das beste Surferlebnis zu ermöglichen. Wenn du diese Website ohne Änderung der Cookie-Einstellungen verwendest oder auf "Akzeptieren" klickst, erklärst du sich damit einverstanden.

Schließen